読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年のスバルのエクシーガ クロスオーバー7とミニバンを比較するブログ

2017年のスバルの7人乗りのミニバンSUV、エクシーガ クロスオーバー7と他社ミニバンを比較しました。オススメなポイントは何?試乗レポートでの評価紹介や年次改良、モデルチェンジ情報などをまとめます。値引きや中古車相場も価格比較してみます!

スバル アセントのスペックはどうなる?判明した仕様情報をまとめます

スバルはニューヨークーショー2017で『アセント』という3列シートの大型SUVを発表しました。

>> 米国スバル正式発表

元は「VISIV7」という名のコンセプトモデルでしたが、『アセント』という名前が付けられた今回のコンセプトモデルは、ボディサイズやエンジンに関する具体的な仕様の数値が公表されています。

今回はこれらの仕様を改めて本ページにまとめていこうと思います。

ボディサイズ仕様

f:id:bekaz:20170523082010j:plain

ボディサイズはスバルより公式にコメントされていて、下表の通りかなり大型な車体であることがわかります。トヨタのSUVのフラックシップであるランドクルーザーに匹敵する大きさです。スバルからは市販モデルはほぼ同じサイズとなる予定だとコメントされていますので、このサイズ感は決してショーモデル向けの演出として大きい訳ではないようです。

車名 アセント ランクル ランクルプラド CX-9
全長 5,050 4,950 4,760 5,065
全幅 1,990 1,980 1,885 1,930
全高 1,840 1,880 1,850 1,728
ホイールベース 2,970 2,850 2,790 2,870

エンジン仕様

f:id:bekaz:20170524002706j:plain

アセントに搭載されるエンジンは、「2.4Lの新開発直噴ターボの水平対向エンジン」ということしか発表されていません。下表にライバル車との比較を載せます。

車名 アセント ランクル ランクルプラド CX-9 フォレスター
排気量 2,400 1,880 1,850 1,728 1,998
搭載エンジン - 4.6L V8ガソリン 2.8L 直4ディーゼル 2.5L 直4ガソリンターボ 2.0L Flat4ガソリン
最高出力(PS/rpm)  - 318/5,600 177/3,400 250/5,000 280/5,700
最大トルク(kgf.m/rpm) - 46.9/3,400 45.9/1,600-2,400 42.9/2,000 35.7/2,000-5,600

アセントの大柄なボディを引っ張るには、ライバル車のスペックを参考にすると45(kgf・m)ほどのトルクを低回転から発揮する必要がありそうです。WRX S4に搭載されているエンジンは2.0Lの直噴ターボエンジンで40(kgf・m)を超えています。2.4Lで同様に造り込むことができれば、45(kgf・m)は達成できそうな数値ではあります。

駆動方式

「Symmetrical AWD」つまり、フォレスターなどスバル車と同等の水平対向エンジンの四輪駆動車であるということが公表されています。トランスミッションも最近のスバル車の定番であるCVT「リニアトロニック」で間違いないでしょう。

定員

f:id:bekaz:20170524002724j:plain

3列シートの7人乗りで、前から2-2-3のパッケージングになっています。ちなみにドアは4枚ドアで、スライドドアではありません。

まとめ

まだまだ公開されたデータは少ないですが、今後のショーでデータがアップデートされたらここに追記していきたいと思います。