2017年のスバルのエクシーガ クロスオーバー7とミニバンを比較するブログ

2017年のスバルの7人乗りのミニバンSUV、エクシーガ クロスオーバー7と他社ミニバンを比較しました。オススメなポイントは何?試乗レポートでの評価紹介や年次改良、モデルチェンジ情報などをまとめます。値引きや中古車相場も価格比較してみます!

クロスオーバー7の3列目の気になる乗り心地や乗り降りのしやすさ。居住性を徹底チェック!

クロスオーバー7はスバル唯一の3列シート車なので、3列目の使い勝手が気になる方も多いのではないでしょうか。私自身、箱型ミニバンに比べると3列目が狭いのは仕方ないだろうとは思いつつも、補助席のような薄っぺらくて無理のある姿勢の3列目が付いたSUVやミニバンには、無理して3列シート車を買う意味があるのかと疑問に思っていました。

でも箱型ミニバンはなーんとなく、クルマの趣味性がないように感じ、クルマ自体に興味を持てなかったのです。比較的スタイリッシュなWishやプリウスαなどのロールーフミニバン、はたまた3列目付きのSUVに魅力を感じますが、やはり3列目はオマケ的。

ところが「クロスオーバー7」は割と実用的な3列目を持つ、ということを知ったのが興味を持ったキッカケでした。どうせ3列目があるクルマを買うのなら、ちゃんと使えるシートである方がいいですもんね。

ということで、今回はサードシートの乗り心地などの機能性を調査しました!ご参考としてくださいっ。

広さ

f:id:bekaz:20170501220322j:plain

箱型ミニバンではないクロスオーバー7において、どの程度の広さが得られるのかというのは最大の関心事じゃないでしょうか。まずは広さからチェックしてみます。

膝周り

2列目シートを標準的な位置にセットした上で、足元スペースは必要十分なレベルは確保できます。贅沢な広さでこそないですが、窮屈には感じないレベルにあるといえるかと思います。

見晴らし

映画館のシートのように着座位置が段々と高くなる「シアターシートレイアウト」を採用。2列目、3列目は70mmずつ前列シートよりも着座位置を高められています。このことから、3列目からも見晴らしが良好なことが特徴で、3列目にありがちな「奥に閉じ込められている感覚」が少ない点が評価されています。

頭上空間

シアターシートレイアウトによって3列目の座面が高いということは、3列目の頭上に余裕がないということでは?と思いませんか?でも意外にも、シート

今週のお題「髪型」

座面から天井までの高さ895mmを確保できており、頭上に余裕があり窮屈さは感じません。

しかしながら180cm台の方が座ると頭上空間は少し厳しくなってくるみたいですね。大柄な方は素直に2列目に座ってもらう方がよいかも。

横方向のゆとり

荷室の積載性にこだわったレガシィスポーツワゴンで培った技術からか、3列目の左右(荷室の左右)の張り出しは最小限に納められていて、横方向の広さやシートの幅には特に不満はありません。

座面の高さ

広さと同程度に大事な要素が座面の高さです。座面とフロアの高低差が十分ないと、体育座りのような姿勢になってしまいます。そうすると、窮屈に感じるのはもちろん、お尻の一点で体重を支えることになるので長時間だとお尻が痛くなったりします。

さて、クロスオーバー7の3列目はというと、「ややフロアが高くヒザが上がる」という感じ。体育座りとまではいかないけれど、大人が乗ると少しヒザが上がり気味になります。「少し」というところが難しく、試乗などを通して及第点と納得できるかどうか。ここは座ってみて判断したいところですね。

複雑な形状を作ることができる樹脂製の薄型燃料タンクを後輪前に配置、コンパクトなダブルウィッシュボーンを設計して、苦心の末に達成できたんだとか。4駆のスペースも必要だし、難しかったことでしょうね。

機能性

f:id:bekaz:20170512060150j:plain

シートの造り

シートクッションもきちんと厚みを持たせてあります。ありがちなペラペラのシートではない点は好感が持てます。シートの厚みを優先したため、3列目を格納して荷室を広げたときに、3列目の背面部が完全フラットにならず若干の斜度が付いてしまいます。残念なことではあるのですが、3列目の快適性を優先した開発者の意図がよく出ていますよね。

シートの造りや厚みはエスティマの3列目より上という口コミもあるほどで、 (この口コミが本当かどうかは別として)少なくとも簡易的ではなく良心的なシート設計になっていることと思います。

もちろん、3点式ELRシートベルトを装備ですし、3列目までカバーされたカーテンエアバッグが「標準装備」なのも良心的ですね。

乗り降りのしやすさ

スライドドアではないクロスオーバー7では、3列目からの乗り降りのしやすさも気になるポイントかと思います。

3列目への乗り降りは、2列目の背もたれのレバーを使ってシートを操作して通路を造ります。ワンタッチなのは良いポイント。しかしながら、2列目左右のシートベルトはピラーに付いているため、最近のミニバンのように2列目シートベルトをしたまま降りるということはできません。そもそも、2列目に人が乗ったまま降りられるほどのスペースは開いていないので、この点は特に心配しなくても良し。

開口部は、さすがにスライドドアに勝ることはないものの、90度近く開くドアや足元をギリギリまで広げた開口部で、降りやすいような配慮はされています。とはいえ、狭くて十分にドアを広げられない都内の駐車場などでは、3列目からの乗り降りは苦労することと思います。

がんばってはいますが、さすがにスライドドアに軍配があがりそうです。

静かさ

静かさにも定評があるクロスオーバー7。3列目と運転手が普通に会話できるほどで、高く評価されています。

エアコンの効き

エアコンは1列目のエアコンからしか吹き出し口がないため、夏場は暑く感じます。ライバルミニバンでは2, 3列目用の吹き出し口が天井に付いていることもありますが、クロスオーバー7にはないんです。

加えて窓面積が多いので、3列目といえど、それなりに日差しが入ってきます。人によっては、赤外線カットフィルムを装着しているようです。

暖房についてはフロアに専用吹き出し口が付いているため心配はありません。

まとめ

クロスオーバー7の3列目は、SUVはロールーフミニバンに比べて優れた居住性を持っていて、箱型ミニバンに迫るところに位置していることがお分かりいただけたかと思います。

大人でも十分実用的で、1、2時間の移動であれば問題ないとよく評価されているため、親子3世代のちょっとした旅行位までなら対応できますね。

シートの座り心地や座面のヒザの浮き具合が、実際に試乗して確認していただきたいポイントです。 では!