2017年のスバルのエクシーガ クロスオーバー7とミニバンを比較するブログ

2017年のスバルの7人乗りのミニバンSUV、エクシーガ クロスオーバー7と他社ミニバンを比較しました。オススメなポイントは何?試乗レポートでの評価紹介や年次改良、モデルチェンジ情報などをまとめます。値引きや中古車相場も価格比較してみます!

クロスオーバー7の積載量は十分?3列目使用/未使用時の荷室は実用的?

スバル エクシーガ クロスオーバー7は、前身のエクシーガがミニバン/ステーションワゴンのカテゴリに属するクルマであったので、積載量はウリにしていたポイント。

一方で、ロールーフミニバンで走りやスタイルを重視した分、箱型のクルマに対しては荷室の容量はかなうはずもありません。また、7人乗り乗車時にて5人乗りに比べて荷室の絶対量は減少することも事実。

その制約の中でどの程度がんばっていて、ライバル車と比較してどの程度妥協できるかというところが、みなさん気になるのではないでしょうか。箱型ミニバンの方が荷物詰めるのは当然だし、レガシィの方が荷室広いだろうことも想像できる。ただ、その差がどれくらいであって、エクシーガの他の魅力と天秤に掛けた上で納得できるかが注目したいポイントなのかと思います。

今回はそのようなテーマの答えになるように、積載量の分析や比較をしたいと思います。私自身、家族でキャンプやカヤックをするため、積載量は非常に気にする方です。私が耐えられそうな容量なのかチェックしていってみたいと思います。

5人乗り乗車時の積載量

f:id:bekaz:20170513014956j:plain

まずは5人乗り乗車時の積載量から。

3列目シートは荷室からワンアクションで格納することができます。もちろん左右独立して格納できます。格納後は完全にフラットになります。

一点知っておきたいポイント。表面はフラットなんですが、3列目背もたれ部分に若干の傾斜が付きます。大きな支障はないと私は感じますが、気になる人は気になるかもです。実車をチェックしてみてください。

奥行きは1220mm、高さは810cm、荷室幅はタイヤハウスがある狭い箇所で1080mmとなっていて、460Lの容量を確保。

比較

ではこのスペックをライバル車と比較してみます。

比較対象は、同じスバルでステーションワゴンであるレガシィ、箱型ミニバンの代表としてノア、王道ロールーフミニバンのWISH、人気ロールーフミニバンとしてプリウスα。

車種 クロスオーバー7 レガシィ ノア WISH プリウスα
長さ(mm) 1,220 1,062 1,000 1,095 985
幅(mm) 1,080 1,080 985 995 995
高さ(mm) 810 824 1,400 885 775
容量(L) 460 559 852 530 505

結果としては、クロスオーバー7のは寸法としては奥行きと幅では上位の数値が確保されている一方、高さが不足しているのがわかります。容量で比べると5台中最下位。箱型ミニバンとの比較だけでなく、ロールーフミニバンまで含めても厳しい値になっています。

理由は次。容量の計算は2列目の背もたれの高さまでで行った数値を使っているため、3列目格納部分のフロアが高いクロスオーバー7は容積計算結果の数値が低いのです。

考察

クロスオーバー7の容積自体は低いです。実際の利用シーンにおいては、荷物を2列目背もたれの高さまできっちり敷き詰めることはなかなか難しいと思います。広い面積の荷室スペースにポンポン荷物を置いていく方が現実的ではないでしょうか。その考えるとクロスオーバー7の荷室を容量だけで比較しない方がよいかと思います。

数値的な差はそれぞれにあれど、個人的には十分な容量だと思っています。4,5人家族の標準的なオートキャンプの道具であれば問題なく詰めます。道具が増えたベテランキャンパーだと厳しいときもあるでしょうけど。5人分の旅行道具も問題なく乗るでしょう。

7人乗り乗車時の積載量

f:id:bekaz:20170514163848j:plain

7人乗り乗車時の荷室は荷室の底を下げられる「荷室ダブルアンダーボックス」が使えます。見逃しがちですが、そのアンダーボックスのさらに下には、ツール類の小物スペースもあります。工具とかを入れておくと良いかもしれませんね。さらにその収納スペースを外すと、今時珍しくなってきたスペアタイアが格納されています。

荷室の広さとしては、日常使いには十分な広さを持っています。スーパー買い物袋の類は全く不安ありません。例えば初代フリードなんかは奥行きがほぼなく、買い物の荷物もこぼれそうになるほどでしたが、そういった心配はないかと思います。大型のベビーカーも乗っている写真を見かけます。

比較

ではこのスペックを5人乗乗車時と同様にライバル達と比較します。

車種 クロスオーバー7 ノア WISH プリウスα
長さ(mm) 455 315 405 375
幅(mm) 1,565 1,310 1,440 1,580
高さ(mm) - - 490 400
容量(L) - 281 186 200

高さは今回は3列目の背もたれの上端までの数値としています。

クロスオーバー7の容量や高さの公式データがないのが残念ですが、幅と奥行きだけで言うとクロスオーバー7はトップレベルです。荷室の床からシートバックまでの高さも、3列目の場合はしっかり確保されているためロールーフミニバンの中ではトップクラスだと思います。

WISHやプリウスは荷室の床下収納まで含めた容積ですので、普段の使い勝手に影響する床上単体で考えるともっと容量は少ないかと思います。

ノアは意外と奥行きがないですが、実は3列目の座席下に長さのあるものを入れられたりするので、実質はさらに載せられます。積載量の豊富さはさすが箱型ミニバンですね。

考察

5名乗車のときと様子が代わり、7名乗車時はクロスオーバー7が検討しています。これは3列目のシート厚の違いによるものではないかと考えています。クロスオーバー7は3列目の収納性を座り心地優先として割り切られているようで、その点がこの違いに影響しています。

目安としては、海外旅行に持って行くような大型スーツケース1個と機内持ち込みサイズのケースを搭載できるという話ですので、ちょっとした旅行位であれば工夫次第で荷物を載せられるのではないかと思います。キャンプのような大きな荷物がある場合は、例えルーフキャリアを付けたとしても厳しく、荷物を減らす工夫は必須ですね。

その他荷室の機能性

ステーションワゴンらしい荷室装備

レガシー譲りの荷室装備として、荷室のランプや電源ソケット(DC12V/120W)があります。小物吊りフックや荷物固定に使える耐荷重20kgのフックも4箇所にあります。荷物固定のネットをひっかけられます。

床下ダブルアンダーボックス

7名乗車時の荷室を深くするときにも使えますし、フタのある小物入れとしても使えます。この「ダブル」というのがポイントで、アンダーボックスの床下にさらに工具入れのスペースがあるのです。なかなか気づかないので、試乗のときにはチェックしてみてください。

荷物容量をさらに増やしたいときには

これ、実際にやっている方もチラホラいて、クロスオーバー7だけでなく他車種でも実践できるんですが、荷物スペースをさらに増やす手段として、スペアタイヤを降ろして床下収納を作るということもできます。その場合、最近のモデルでは主流となってきたパンク修理キットを載せておくと安心ですね。パンク修理キットはだいたい5,000~10,000円程度。シガーソケットからの電源で繰り返し使える電動空気入れ付きです。

これによって、だいたい幅50cm×奥行60cm×高さ30cmの床下収納を拡張することができます。旅行などでどうしても荷物を載せたい場合の参考にどうぞ。

まとめ

箱型ミニバンと比較すると積載量が劣るのは当然として、限られた制約の中で健闘はしていると思います。これで十分かどうかは生活スタイルにもよるので、上記の情報を参考にご検討頂ければと思います。

購入を健闘している一個人としては、5人乗りとしては必要十分な積載量、7人乗り前提で考えるのであればルーフレールもついていることだし、ルーフキャリアをつけて補うかと考えています。ルーフキャリアを気軽に付け外しするには自宅が狭いので、一度付けたらつけっぱなしでしょうけどね。。

クロスオーバー7でアクティブに家族との時間を楽しみたいと思っています!

ではでは