読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年のスバルのエクシーガ クロスオーバー7とミニバンを比較するブログ

2017年のスバルの7人乗りのミニバンSUV、エクシーガ クロスオーバー7と他社ミニバンを比較しました。オススメなポイントは何?試乗レポートでの評価紹介や年次改良、モデルチェンジ情報などをまとめます。値引きや中古車相場も価格比較してみます!

クロスオーバー7のマイナーチェンジ情報まとめ2017

スバル エクシーガ クロスオーバー7は2015年にデビューしましたが、2017年現在まだ年次改良は受けていません。「年次改良」とはスバルが毎年のように行っている小改良のことで、マイナーチェンジやもっと小規模の商品改良が含まれます。

エクシーガのときは毎年改良を受けていて、A型からG型までアップデートされています。クロスオーバー7でH型になってからは年次改良は行われていません。その代わり、カラーラインナップ変更と3種類の特別仕様車が登場しています。

単純な興味はもちろん、中古車の年式選びの参考などにしてください!

2015年 デビュー時の仕様

f:id:bekaz:20170504015503j:plain

以下のカラー・ラインナップで登場していました。2017年のカラー追加の参考としてください。

  • クリスタル・ホワイトパール
  • タングステン・メタリック
  • クリスタルブラック・シリカ
  • プラチナムグレー・メタリック
  • ダークブルー・パール

2016年

特別仕様車「Modern Style」を発売

f:id:bekaz:20170504015618j:plain

タン色の派手めな内装が好みでない顧客への対策と思われます。安易に黒にせず、大人っぽい濃いめの色を採用した点が特徴的ですね。現在は「特別仕様車」というよりは、選べるスタイルの一つというポジションに昇格しているように思います。

  • 内装色にダークブラウンを採用
  • 本革巻ステアリングホイールにブラック
  • 一部内装にブルーグリーンステッチを適用

特別仕様車「Active Style」を発売

f:id:bekaz:20170504015645j:plain

少し落ち着いた色味の内装としてタン色を受け入れやすいように変更し、撥水加工のシートと濡れたものも置ける荷室の底板を追加してアウトドア好きのユーザーに向けた仕様。XVと色違いのホイールで外観もSUV色を強めた。

  • シートがチャコールグレーとタンカラーを組み合わた特別色に変更
  • シートのファブリック部へ撥水加工
  • 内装をタン色にブラックを組み合わせた少し落ち着いた色味に変更
  • リバーシブルカーゴフロアボードを採用
  • ガンメタリック塗装の専用アルミホイールに変更

2016年

カラーラインナップの変更

f:id:bekaz:20170504015700j:plain

f:id:bekaz:20170504015707j:plain

インプレッサやレガシーから流用したカラーラインナップを追加。ダークブルー・パールとプラチナムグレー・メタリックは廃止とした。ダークブルー・パール狙いだっただけに個人的には残念。

  • クリスタル・ホワイトパール
  • タングステン・メタリック
  • クリスタルブラック・シリカ
  • プラチナムグレー・メタリック
  • ダークブルー・パール
  • ヴェネチアンレッド・パール
  • クォーツブルー・パール

特別仕様車「X-BREAK」を発売

f:id:bekaz:20170504015719p:plain

「Active Style」の進化版。フォレスターにも同様の仕様がある。

  • シートがチャコールグレーとタンカラーを組み合わた特別色に変更
  • シートのファブリック部へ撥水加工
  • 内装をタン色にブラックを組み合わせた少し落ち着いた色味に変更
  • リバーシブルカーゴフロアボードを採用
  • ガンメタリック塗装の専用アルミホイールに変更
  • サイドグラッティングにオレンジのCROSSOVER7ロゴを追加
  • リヤハッチにX-BREAKのロゴを追加
  • ドアミラーをブラックアウト